楽しんで覚える

若い講師

海外留学のために、英検対策やTOEFL対策に力を入れる人が増えています。英検対策やTOEFL対策は受験や就職にも有利なので、がんばって損はないものです。
TOEFLは英検とちがってスピーキングのテストがあります。日本人は英語の読み書きは得意だが聞いたり話したりするのが極端に苦手だといわれます。
そのため、スピーキングとリスニングには特に力をいれた対策が必要です。特に話す機会を意識的に作ることがポイントと言えます。

スピーキングは、まず文法の基礎的な知識を必要とします。文法力があって初めて文章を組み立てることができるので、英作文についても英会話についても基礎的な文法力が第一です。
また、CDやiPodなどで日々英語を耳にすることも大切です。スピーキングは相手の話をききとることも必要に成るのです。
リスニングを続けていれば、定形表現を覚えることができるというメリットもあります。頭で考えるより習慣で体に染み込ませる方が早い場合もあるのです。

英語でひとりごとをいいつづけるのも効果的です。TOEFL対策として、実際に発音すると自分の声が耳にはいってくるため、それが復習効果となって記憶に定着します。
大きな声を出す必要はないので、つぶやくようにして、通勤や通学の電車の中で定形表現を読み上げるようにしましょう。

英検対策には、復習が大切です。スクールにかようにしても、自分で勉強するにしても、先にすすむだけで学んだことを忘れてしまっては意味がありません。
きちんと記憶に定着させるためには、その日にやったことをその日の内に振り返るのが効果的です。
ネイティブの友人をみつけると英語力が向上します。特に相手が素敵な異性だったりする場合は学習へのモチベーションも高まるものです。
映画をみるのもリスニング対策に有効です。映画に夢中になるうちに自然とよく使う表現を覚えてしまいます。自然、とうい点がポイントで、試験会場の緊張した場面でも使えるフレーズをひきだすためには、ナチュラルに楽しんで学ぶことが何よりも大切なのです。

2014年11月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930